momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

ポジションが人を作ると言う話。

昨日から、自民党の豊田真由子議員の、秘書に対する暴言の音声が、繰り返し報道されています。 議員に当選して、先生、先生と持ち上げられている内に、何か勘違いしてしまったのかも知れません。偉いのは(議員は何ら偉くはありませんが)、その人ではなくそ…

経産省ペーパーに思うこと。

経産省の次官・若手プロジェクトが作成した『不安な個人、立ちすくむ国家』がネット上で話題になっているようです。 下記、URLです。 http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf プレジデントオンラインに、山本一郎氏のこのペーパ…

おてんとうさまは見てますよ、と言う話。

昨日、共謀罪が強行採決されました。数の暴挙、ここに極まれりでしたが、加計学園問題の追及を何としてでも逃れたい、政権の執念を感じました。 加計学園が、首相の泣き所であることが、改めて明白になりました。 幼稚で、切れキャラの首相に、おてんとうさ…

リストラは、宣告する側も災難だという話。

これまで勤務していた会社には、リストラマニュアルなる文書が用意されていました。無理なく、無駄なく、宣告する側が心理的負担を負うことなく、リストラを宣告するためのマニュアルです。 大抵、リストラ宣告は、直属のマネージャからされますが、未然のト…

歴史は繰り返す。子飼いの部下を優遇する殿の話。

先日、殿と同じ会社に入社してしまった知り合いから、殿のやりたい放題ぶりを散々聞かされました。 世間では、政治を私物化している首相とか、お友達内閣とか、職権乱用、公私混同は、よく聞く話ですが、実は、外資でもよくある話です。 殿の場合は、まず自…

Paypal 使ってませんけど、、。

とうとう関東甲信地方も、梅雨入りをしたそうです。じめじめした鬱陶しい季節、せめて気持ちだけでも明るく過ごしたいものです。 ところで、先日、Paypal Serviceと名乗る差出人から、『あなたのPaypalに怪しいトランザクションを発見しましたよ。(超意訳)…

電話をかけてくる人って。

ホリエモンこと堀江貴文氏の新作『多動力』が売れているようです。東洋経済に堀江氏のインタビュー記事が出ていましたので、記事を読んだ方も多いのではないかと思います。 toyokeizai.net 『電話をかけてくる人とは仕事をするな。』 とキャッチーなタイトル…

奢れるものは、久しからず、、。

これまでメディアをコントロールし、政権批判を徹底的に抑えてきた安倍政権ですが、森友学園問題が明るみに出てから風向きが変わってきています。 森友学園問題は、籠池前理事長を一方的に悪者にし、収束したかに思えました。しかし、その後、安倍政権のアキ…

いつまでも続く不幸はない、ただし、、

今日から6月。朝からむしむしした天気です。 ところで、先日、かつての同期と何年かぶりに会いました。新卒で入社した唯一の日本企業です。名前を言えば誰もが知っているその企業は、バブル崩壊後、成長の見込みのない事業をどんどん分社化して行きました。…

最近の痴漢を疑われ逃走事件に思うこと。

最近、痴漢を疑われた人が線路を逃走する事件が頻発しています。中には、運悪くやって来た電車に轢かれて亡くなられた方もおり、大きな社会問題になっています。 そもそもは、通勤時間帯の混雑が問題なのだと思います。腰の辺りの手なのか、荷物なのか(それ…

日系企業に就職した知り合いからの連絡。

外資を退職し起業したものの、ビジネスが軌道に乗らず、仕方なく日系企業に再就職した知り合いがいます。 先日、その知り合いから、日系企業が合わないので、外資の転職先を探すとの連絡がありました。 これまで、彼が身を置いていた外資企業から、対極の日…

mini-meを愛するボスの話。

関東地方、まるで夏のような暑さが続いています。この季節、まだ湿度が低いのでいいのですが今からこの暑さでは、先が思いやられそうです。 ところで、英語にmini-meという表現があります。直訳すると"小さな私"ですが、転じて自分の子供や、自分に似た人の…

ストックオプションで追徴課税されたという話。

先日、知り合いから立て続けに、ストックオプションを行使し、売却益を日本の口座に送金した途端に国税から連絡があり、追徴課税まで支払わされたという話を聞きました。 外資では、個人や会社の業績に応じて、海外親会社のストックオプションや株式が付与さ…

岩崎俊一さんの話。

岩崎俊一さんのことを知ったのは、SALUSのエッセイです。SALUSは、毎月、東急線沿線で配布されている無料マガジンです。彼のエッセイには、人生の機微や、日常の一コマを切り取った内容が、あるあると共感でき、SALUSが配布されると、彼のエッセイを真っ先に…

大企業がいいのか、小さい企業がいいのかという話。

よく話題になる、大企業に勤務するのがいいのか、小さな会社で色々な仕事を任されるのがいいのか、はたまた起業するがいいかの議論ですが、その会社の環境や、その会社で、どのような立場で、どのような権限を持てるかによって変わってくると思います。 新卒…

自分のことを120%増しする外人と30%引きする日本人の話。

先日、ひょんなことから知り合いのエージェントA氏(外人)から、ポジションを紹介され、海の向こうのマネージャ氏の電話インタビューを受けました。その際、事前にA氏からポジションの背景やマネージャの人となりのブリーフィングを受けました。私はこのA氏…

『気持ち良く騙してください。』と顧客に言われた営業の話。

朝から快晴の爽やかなお天気です。 ところで先日、マンションの内覧に出掛けました。担当してくれたのは、入社4年目の営業マン氏、最後のひと押しが甘くてこちらがやきもきしてしまいました。 わざわざ問い合わせまでして、現地に来た見込み客を、そうそう簡…

魚の取り方を教えなかったマネージャ氏の話。

老子の言葉に、 『ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。 魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。』 と言うのがあります。 かつての私の同僚にA氏と言う本部長がいました。 本部長がA氏になってから、部門のパフォーマンスが向上、社…

キャリアの築き方。

若葉の新緑が、目に眩しい爽やかな季節になりました。 ところで、先日、知り合いの営業A氏が職を失ったという話を耳にしました。 A氏とは、某外資の営業マネージャでした。某社は、ニッチ市場向けに製品を販売しており、急激な売り上げ増加は見込めないもの…

元同僚が亡くなったという話。

先日、昔の同僚A氏と会った時に、元同僚B氏が亡くなったことを知りました。まだ40代、病気だったそうです。 その同僚とは、かつて勤めていた外資で一緒でした。ニッチマーケットに強い製品を持つ会社で、急激な売り上げ拡大は望めないものの、一部に根強い顧…

情報リテラシーの向上が必要という話。

料理レシピサイトクックパッドに掲載されていた、蜂蜜入り離乳食を与えられた乳幼児が死亡するという痛ましい事件が発生しました。 その後、クックパッドには豚肉ユッケ等、食中毒を起こしかねないレシピが多数掲載されていたことが判明し、炎上しています。…

サラリーマンこそメンタルトレーナーが必要ではないかと言う話。

先日、認知行動療法を研究されている方と話をしたとき、最近はスポーツ選手にも専任のメンタルトレーナーが付いていると言う話を聞きました。 海外では一流のスポーツ選手には、早くから、メンタルトレーナーが付いていたそうなのですが、日本はスポ根マンガ…

人間の行動はいつまで経っても変わらないという話。

北朝鮮情勢が緊迫しているようです。シリアのように、米軍による武力行使に至らないことを祈るのみです。 ところで、先日、かつての同僚A氏と数年振りに会うことにしました。A氏は、某有名国立大学を卒業後、日本の大手企業に就職。何を思ったのか、将来を嘱…

ユナイテッド航空の乗客引きずり下ろし事件に思うこと。

ユナイテッド航空がオーバーブッキングで、正規でチケットを購入したベトナム人の乗客を警察の力を借りて、無理やり引きずり下ろしたそうです。しかも、その顧客を引きずり下ろした後、搭乗させたのは、まさかの自社の社員。頭のネジが少し外れているのでは…

やり切った真央ちゃんと未完を完成させているA氏の話。

今日は、浅田真央選手の引退会見を見ました。先日、ブログで引退表明をし、ニュースや報道番組で大きく報道されている浅田選手の引退会見です。 記者会見の中で、昨年の全日本が終わった時、もういいかなと思ったそうです。恐らく彼女の中でスケートは、やり…

その人の会社での価値は、退職する時に表れると言う話。

フィギュアスケートの浅田真央選手が現役を引退するそうです。休養後の復帰戦では、精彩を欠いていたので引退もやむを得ないことなのかも知れません。彼女のブログには、選手として続ける気力がなくなったと記されています。恐らくスケートに対するモチベー…

外国人が日本で働く悲劇、、の話。

桜が、満開の見頃です。日本に生まれて良かったと思える瞬間です。 ところで、私がこれまで勤務していた外資には外国人社員が数多く勤務していました。カンマネからマネージャクラス、担当社員まで様々なレベル、職種で勤務していました。彼らは、海外の本社…

営業マン、F氏の話。

私の勤務していた外資では、四半期毎にクォータリレビューと呼ばれる、営業ミーティングが開催されていました。大抵は、本社やAPACからVPというエグゼクティブな人たちがやって来て、そのクォータの数字や案件のレビューをします。 その際、営業が一人一人、…

【全ネット民が泣いた】安倍政権の話。

今村復興相の暴言についての【全ネット民が泣いた】記事が話題になっています。 【全ネット民が泣いた】今村復興相の「本性」を暴き出したフリージャーナリストがスゴイと話題に!ネット「大手メディアの記者にはできない仕事」 私も映像で見ましたが、今村…

エージェントO氏のゴールデンルートの話。

ニュースでは桜が満開と報道していましたが、千鳥ヶ淵は満開まであと一歩といったところでした。満開って完全に全ての花が咲かなくとも満開と表現するのか、不思議なところです。 ところで、殿(かつてのカンマネ)には、必ず一緒に付いて行く腹心の部下が2…

韓国大統領の末路と某社マーケティング本部長の末路の話。

今週末は、桜はまだまだ見頃ではありませんでした。満開の桜が待ち遠しい今日この頃です。 韓国の朴槿恵元大統領が、収賄容疑で逮捕、拘留されました。歴代の韓国大統領の末路は悲惨なケースがほとんどでハッピーリタイアメントの方が少ないのではないかと思…

口コミの功罪。

最近、物を購入する際も、どこかに宿泊する場合もネットで検索し、実際に購入や宿泊をした人の評判をチェックします。以前、飲食店のサイトで業者による不正や、契約がない場合は順位が上がらない等の問題があったのと、食べ物の嗜好は個人差があるので、食…

転職活動の飛び道具。

Amazonで、先日紹介した、佐々木一美さんの書評を見てみました。 Amazon 成功する40代・50代の転職術 60日以内に採用が決まる実践プログラム 作者: 佐々木一美 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2013/05/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商…

忙しいとは、心を亡すという話。

昨日と打って変わり、今日は、朝から気持ちの良いお天気です。 ところで、外資を退職・転職した際に、必ず知り合いから飲みに行こう、会おうと声が掛かります。私は密かにこれを情報収集飲み会と呼んでいます。 つまり、知り合いが会社を辞めるときは、何か…

転職に年齢は関係ない、戦い方があるだけという話。

今日も朝から気持ちの良いお天気です。 ところで、先日、キャリアコンサルの方とお会いした際、40代や50代の方の転職支援で成功を収めている佐々木一美さんの話を伺いました。 本も出版されており、内容を確認したところ、まさに転職のツボを押さえてコンサ…

人となりは立ち居振る舞いよりも服装に表れると言う話。

花粉症の治療法として舌下免疫療法が2014年から保険適用されたそうです。花粉が猛威を振るうこの季節、この治療法受けるかどうか思案中です。 ところで、外資では定期的に本社やAPACオフィスからエグゼクティブや担当者が来日します。定期的な来日は、予定さ…

経営者の責任ということ。

昨日、LEADERSのLEADERSの特別編ディレクターズカットを観ました。LEADERSは、2014年に放送された、トヨタ自動車の全面協力のもと、史実に基づいたオリジナルドラマとのことです。 あらすじは、佐藤浩市演じる愛知自動車の創業者社長 愛知佐一郎が国産自動車…

奢れるものは、本当に久しからずか、、。

各メディアの世論調査で内閣支持率が低下しているようです。支持率低下のニュースが立て続けに流れており、数ヶ月前の飛ぶ鳥を落とす勢いの支持率からは想像できません。最早、いまの逆風を順風に変えるのは至難の技ではないかと思います。奢れるものは久し…

働き方改革は、時間でなくやりがい改革では、、という話。

月の残業が100時間未満なのか、100時間なのかの議論が騒がしいです。 そもそも月100時間と言えば、月20日間労働として、一日平均5時間残業となり、多いに決まっています。人を新規で採用すべきレベルではないかと思います。 しかしながら、問題は、時間数で…

頑張れ、能年ちゃん。

昨日の真冬のような寒さから打って変わり、今日は朝から暖かい1日になりました。 ところで、『のん』に改名した能年ちゃんが、LINEモバイルのCMでようやくTVに復帰しました。 www.youtube.com ご存知の通り、能年ちゃんは、NHKの連続テレビ小説あまちゃんで…

詰んでしまった稲田防衛大臣と安倍政権の終わりの始まり。

三月なのに真冬のような寒さです。春の暖かさが待ち遠しい、今日この頃です。 ところで、森友学園問題で虚偽答弁をした稲田防衛大臣が窮地に陥っています。 稲田大臣に至っては、大臣としての資質、適性を問題視されていたところ、安倍首相の強い後ろ盾で何…

永久のベンチャーは免罪符ではない。DeNAの対応の甘さ。

昨日、自社キュレーションサイトで問題を起こしたDeNAが第三者委員会による調査結果の公表の記者会見を開きました。 件の『永久のベンチャーは免罪符ではない。』の言葉は、第三者委員会の調査報告書にある重い言葉です。 詳細は、東洋経済の記事がよく纏ま…

本を読むべき3つの理由。

早咲きの桜が満開になり暖かくなったと思うと、急に冬のような寒さになったり、この時期は、出掛ける前の天気予報のチェックが欠かせません。 ところで、私は知りたいことは、ネットの情報ではなく本を読むことにしています。定番となっている本は何か、オス…

宅配便の悲劇。

ネット通販の普及に伴い、増え続ける取り扱い荷物の量に宅配便大手クロネコヤマトが悲鳴を上げています。残業代の未払い問題まで出てきて、ついには配送運賃の値上げにまで至るようです。 報道されているニュースのトーンを見ると、増え続ける捌き切れないほ…

レファレンスの悲劇。

外資では、オファーレターが出る前に、必ずと言って良いほどレファレンスチェックがあります。レファレンスとは応募者の身元保証、信用照会のことです。オフィシャルに、企業側からレファレンスを依頼されると、自分と一緒に仕事をしたことのある信頼できる…

あなたがいなくとも会社は回るという話し。

今朝から関東地方、いまにも雨が降りそうな曇り空です。 ところで、先日、知り合い(既婚女性)に会ったとき、彼女のダンナさん(某日本企業勤務)がインルエンザにも関わらず出社しようとしたのを全力で阻止したという話しを聞きました。 件のダンナさん、G…

外資は何度でもチャレンジ可能という話。

先日、昔の知り合いの近況を知りました。 まずA氏。とある会社の代表取締役を退任し、古巣の日本企業の子会社の社長として戻ったそうです。一度外資に出た人間が古巣の日本企業へ戻るのは非常に珍しいケースです。やはり、外資での活躍が認められたのだと思…

みんなと同じという中流幻想の罠。

内閣府の調査によると国民の9割が自分は中流と思っているとネットの記事で見かけました。その内閣府のデータはどれなのか探してみました。 内閣府の平成28年度国民生活に関する世論調査のQ7『生活の程度』に該当の質問がありました。 国民生活に関する世論…

プレミアムフライデーが上手く行かない3つの理由。

2月24日から月末の金曜日をプレミアムフライデーとして、経済産業省と経団連が推進した消費喚起対策がスタートしました。金曜日の15時には退社をして消費をしましょうと呼びかけていますが、現行のままでは日本での定着は限りなく難しいと思います。 busines…

日本の広告費の話。

電通が23日に発表した「日本の広告費」によると、広告市場は前年比101.9%の6兆2880億円年、インターネットの広告費が初めて2割を超えたそうです。 アドタイ記事参照: www.advertimes.com 1位はプロモーションメディア、2位はテレビメディア、そして3位が…