読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

異質なもの、同質なもの。

先日、知り合いに会ったとき、パワハラの話がきっかけで、日本人は昔から異質のものを排除する、出る杭は打ついじめ体質で、欧米、特にアメリカの異質のものを尊重する、個性を大切にする文化と大きく違うという話で大いに盛り上がりました。

平安時代は、日本人はもっとおおらかだったらしいのですが、村八分なんて言葉からも分かるように、古くから日本では、社会でいじめが行われてきたようです。

友人という小さなコミュニティではなく、住んでいる場所、村の中で、その一家全員に対していじめが行われていたというのも驚きですが、いまだと、人権問題ですよね、、

出る杭は打つ、足を引っ張る。

これって、古くからの日本人のお家芸なんですかね。

グループの中では目立たず、人と同じ事をやる。

一番になると打たれて、足を引っ張られるので、安泰なのは三番手ですかね、、

結果、どんどん均質化してゆく。

これって、製造業中心の生産性至上主義の時代なら、企業で求められる人材になったのでしょうが、社会が成熟して個人の好みも多様化している時代では、ミートしません。

いま日本の競争力の減退が取り沙汰されていますが、日本がグローバル時代で生き残るには、この出る杭は打つカルチャーを変革しなければならないのではないかと思います。

↓両方ともポチして頂ければ助かります。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村