momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

今後の日本に必要なもの

先日、オファー取り消しという前代未聞の憂き目に遭いました。

日本のカントリーマネージャ、APACのインタビューもすべてOKで、HRからオファーを出しますといわれ、社内プロセスに入った矢先、何とUSオフィスからNGを食らいました。

知り合いの人事部長曰く、日本オフィスとUS本社のコミュニケーションが上手く行っていないんだから、そんな会社止めた方が良いよ。

知り合いのエージェント曰く、それは、止めて正解ですよ。

と慰めなのか、励ましなのか、いろいろ言葉をかけてもらい、気持ちを切り替えることができました。

ところで、

最近、異業種の方とお知り合いになる機会があり、共通しているのは、皆さん、今後の政策や日本の将来に非常に懸念を抱いていることでした。

よく日本人は、先生が答えを教える、『答えが一つ教育』の弊害で、問題に対して思考停止になる、が定説でしたが、周囲を見回す限り、それは違うようです。

皆さん、今の日本と今後の日本に危機感を抱いています。

思い返してみると、このような会話がなされるようになってきたのは、ここ数年のことだと思います。

それは、長らく続いた終身雇用制度が崩壊し、原発事故により日本株式会社の安全・安心神話が崩れてしまった為だと思います。

雇用が保証され、自分の生活が安泰だった時代であれば、お上にすべてお任せで考えることも無かったのですが、グローバル化の洗礼を受けて、日本株式会社システムが崩壊してしまったいま、今後どうすべきか考えないわけにはいきません。

お上(政府)にお任せであればしあわせだった時代はもうありません。

国は国で、安保条約に基づき、アメリカの言いなりであればしあわせだった時代はもうない訳です。

国民は今後の日本のためになる政治家を選ぶ。

政府はまずは国益を守る。

当たり前のことが、出来ていないいま、ますますこの当たり前のことが、必要になると思います。

自分の頭で考え、いうべきことを主張し、粘り強く交渉すること。

今後の我々に求められていることだと思います。

↓両方ともポチして頂ければ助かります。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村