momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

中学生円山を観た。

今年は、梅雨入りが例年より早いそうです。私は、アベノミクスの株バブルが予想以上に早くはじけてしまったのがショックです。

ところで、昨日、中学生円山を観てきました。
宮藤官九郎作品です。

平日の昼間の映画館は、数えられるくらいしか人が入っていなくて、私の並びには何と私一人です。

前の列には、ママとも風の女性の二人連れ、サラリーマン風のおじさん、学生の二人連れにおじさん一人。

後ろの席には、学生カップル、主婦らしき女性の二人連れに団塊世代の夫婦らしき人たち。

映画の予告編が開始して、何人か入ってきました。

後ろの席の主婦らしき女性は、映画の予告編が開始してもずーーーーーーっと話をしています。

せっかくの予告編が台無しです。

本編に入る前、真っ暗になり、スクリーンが大きくなったタイミングでようやく静かになりました。

そんなにおしゃべりしたいなら、外のカフェでお茶でもすればいいのにと思います。

映画は、中学生円山の妄想の、くどかんワールド炸裂で、あまりのくだらなさに脱力でした(爆)

私的には十分楽しめたのですが、前の席のママとも風、女性の二人連れ、映画が終わるなり、

ごめんね~、ここまでひどいとは思わなかったのよ。ちょっと、ひどいよねぇ~。
と、一人がしきりに謝りながら、出て行きました。

どうやら、この主婦A子さん、くどかんの中学生円山がどうしても観たかったようです。でも、一人で映画を観に行くのもアレだし、ということで、無理矢理ママとものB子さんを誘った模様です。

でも、おハイソなママともテイストには中学生円山は、適してなかったようです。

なぜなら、中学生円山の妄想の話だからです。

もしかしたら、A子さんは円山の妄想を思い切り楽しんだのかも知れませんが、そんなことおハイソなママともには口が裂けても言えなかっただけかも知れません。。。

いかん、いかん。

私にも妄想が、伝染してしまいました。。。



■□ 我が家の愛用品シリーズ。 □■

押し入れ用の除湿器です。
コンパクトですが、しっかり除湿できます。


センタック 押入れ吸湿器(電子吸湿器) ホワイト QS-101


ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村