momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

劣化する日本人。

まやかしの景気回復で、ぬか漬け株があっという間にぬか漬けに戻ってしまいました。

人間、欲をかいてはいけません。


ところで先日、ホタルを見に行きました。

よく、地元の観光協会が開催しているホタル観賞会です。

場所は伊東にある公園。

会場の公園入り口のホタル観賞会ののぼりと提灯が期待を高めます。

ホタルの見られる沢まで公園内をどんどん進んで行きます。

ホタルの沢までは、足下を照らす明かりがありますが、ホタルが舞う沢は、明かりも少なくなっています。

暗闇に目が慣れてくると、ホタルが点滅しているのがよくわかります。

あちらこちらで、まるでささやき合っているようです。

周囲が暗闇に包まれると、その光が何十もなり、舞い始めます。

まさに幻想的な光景です。

飛んでいるホタルを見たのは、小学生のとき以来です。

そんな幻想的な光景を前にして、


ピカッ、、

ホタルの飛んでいる沢が、一瞬、明るくなります。

最初、誰かの懐中電灯かと思ったのですが、



また、

ピカッ、、



と光ります。


どうやら、カメラのフラッシュのようです。




ホタルを撮影しているようです、、しかし、、フラッシュをたいてしまうと、沢の風景しか写らないはずです。


しかも、暗闇でホタル観賞している人たちの迷惑になります。


公園の入り口では、フラッシュ禁止の看板がしっかり出ています。


にも関わらず、いくつもの場所から、また、


ピカッ、、


と光ります。

ホタル観賞に来たという記念写真を撮りたいのであれば、もう少し明るい場所で撮れば済むことでしょう。

暗いので、撮影しているのは、若者なのか中高年なのか、高齢者なのか分かりません。

しかし、、確実に言えることは、日本人は確実に劣化しているようです、、、

なむー




□■ ホタル観賞には、マグライト ■□


MAG-LITE(マグライト) 3Dセル(単1電池3本用) LED フラッシュライト ブラック ST3D016 ※電池別売


ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村













広告を非表示にする