読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

市川(仮名)姉さんのおもひで。

事件は会社で起きている。- 外資編 -

あらかわさんのことを書いていて、そのコンサバ系日本企業でまたまた思い出したことがあります。

それは、部長、次長、課長からも一目置かれていた、市川ねーさん(仮名)です。

市川ねーさんは、女子のエンジニア一期生として採用されたらしく、何かと注目を浴びていました。

私が入社するときにも、すごい女性の先輩がいると聞かされていましたので、社内の有名人だったようです。

研修を終え、私が配属されたのは、何と市川ねーさんと同じ部署でした。

市川ねーさんは、美人の素敵な女子でした。


しかし、、配属されて、だんだん様子が分かって来ました。

市川ねーさんは、実はすごいお嬢様でした。

しかも、世間知らずの、、という形容詞がつきます。

何かあると、大げさに騒ぐので、

市川ねーさんには誰も逆らえません。



そんなある日のこと。


結婚式シーズンに、ストールとコサージュを衝動買いした話をどうやら市川ねーさんに聞かれてしまったようです。

市川ねーさん(以下、ねーさん):ももいちさん、新しいコサージュ買ったんだって?私、来週、結婚式(に参加)なので、貸してくれないかしら。

ちなみに、コサージュは買ったばかりで、一度も使っていない新品です。

ももいち:いや~、ねーさんのお洋服に合うかどうか分かりませんので、、

必死にお断りしようと試みますが、

ねーさん:いいから貸して。




いいから貸して。




まるで、のび太から漫画本を取り上げるジャイアンです。

断りきれずに新品のコサージュは市川ねーさんの手に渡ることになりました。(なみだ)


市川ねーさんが寿退社するときは、社内あちこちでほっとする人がいたのは、言うまでもありませんでした。



■□■ Amazonでお買い物 ■□■

コサージュ(こちらをクリック↓)


ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村