読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

物を捨てると、人は幸せになれるか。

本日は防災の日です。

90年前のこの日、関東大震災が発生しました。震災の教訓を忘れないこと、歴史から謙虚に学ぶことがいまの我々に大切なことではないかと思います。

本日から9月。

仕事を離れてから、9ヶ月近くになってしまってたことに軽いショックを覚えましたが、何より、一日も早く社会復帰をせねばと思わない自分に愕然としています。

心の声が、、、聞こえないのです。


ところで、本日のテーマは、物を捨てると、人は幸せになれるかです。

世の中、物を捨てることが大流行りです。

物と向き合い、捨てることは修行だと、まるで宗教のようです。

風水では不要品を処分すると、気の流れが良くなると言っています。


私も、仕事を辞めてから、これまで手を付けていなかった、物の整理を開始しました。

我が家の物の多さは半端ありません。これまで何度か転職を繰り返したので、転職の合間の無職の期間に、不要品は何度か整理はしてはいたのですが、時間が経つに連れて、物が増え、洋服はクローゼットから溢れ出ているし、フローリングには、買ったまま積まれた本たち、仕事の資料、雑誌が所狭しと並んでいます。

このままではいけない。

そう決意して、片付けを開始しました。

まず、必要か必要でないか、物を分類をしました。
仕事関係の資料は速攻、不要と判断し処分できました。古い洋服やパンプスも処分です。が、問題は、自分のお気に入りの物たちです。

それは洋服であったり、バッグであったり、本であったりします。

それらは、すべて残しました。

修行ではないので、無理は禁物です。

また買えば手に入る物であれば、速攻、処分なのですが、買うことが出来ない物は、残すことにしました。

無印で収納棚をリビングと洋間に購入したので、フローリングの上に放置されていた物は随分片付きました。

まだまだ、整理途上の我が家ですが、部屋がすっきりすると、何だか毎日気持ちがいいのです。

よく、部屋を片付けると、運気が上がると言われていますが、思うに、部屋がすっきりすると、気持ちがよい。
その爽快な気持ちのまま、物事に取り組めるようになるので、物事がうまく運ぶのではないかと言うことです。

幸せになれるかどうかは、その人の価値観によって違うので難しいのですが、少なくとも、毎日、気持ちよく生活出来るようになれることだけは、確かなようです。


■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

防災用品(こちらをクリック↓)

==================================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村