読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

逃げるが勝ちということもある。

パワハラ

爽やかな秋晴れから、一気に冬到来のようです。

ところで、先日、ストレスには、不必要な意味の無いストレスと意味のあるストレスがあると聞きました。

正確には、ストレスの原因はストレッサーと定義するそうですが、何でも意味の無いストレッサーというのは、非合理、不公正な上司であったり、目的もはっきりしないまま続けられている仕事であったり、常識を超えた要求だったり、身体や精神の健康を害するおそれのある状況などだそうです。

ストレスの対処は上記以外の意味のあるストレッサーに対しての対応をするらしいのですが、私は、世の中の働く人が直面しているのは、この解決が難しい、意味の無いストレッサーだと思うのです。

パワハラをする上司は、まさに非合理で不公平で、そして常識を超えた要求を突きつけ、あるときは怒鳴りちらし、精神的苦痛を与えて来ます。(経験談

原因であるパワハラ上司がいなくなったら、ストレスはなくなると思います。

まっとうな組織であれば、パワハラは決して許される行為ではなく、厳罰に処せられますが、まっとうでない組織だからこそパワハラが生まれるという現状があります。

パワハラを看過するような会社であれば、パワハラは在籍する限り、その上司の下にいる限り続きます。

前にも書いた通り、パワハラは、条件反射だからです。

繰り返します。会社からも周囲からもヘルプしてもらえない場合、パワハラは永遠に続くと思います。

そんなときは、、健康を害する前に、逃げるが勝ちだと思います。

もちろん、パワハラの証拠(録音、メール)は集めておいて、退職後、会社を訴えてもいいと思いますが、まずは身を守ることです。


■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」(ここをクリック↓)




==================================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村