読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

がん治療。

お正月にはふさわしくないタイトルかも知れませんが、先日、Twitterで、3大がん治療(手術、抗がん剤放射線)は効果がない、というのを見かけました。

抗がん剤はがんを完治させる物ではないことは、もはや常識になっておりますが、標準治療としていまも普通に使われています。

私は医療関係者ではありませんが、身近な人間をがんで失っており、抗がん剤に関してはかなり懐疑的です。

がんの手術前に腫瘍を小さくする目的での使用は効果があるのかも知れませんが、転移してしまった末期がんの抗がん剤使用は、患者本人が苦しむだけではないかと思います。

身内ががんになったときセカンドオピニオンでいろいろ話を聞きました。何か手だてはないか、ネットも随分調べました。

そこで、がんに効くという商品が一大産業になっていることを知りました。
健康食品やら、きのこ、免疫力を上げるものさまざまあります。

中には悪質なサイトもあり、末期のスキルス性の胃がんから生還、なんておばちゃんの写真が載っているサイトは数ヶ月後は、おばちゃんのがんが膵臓がんに書き換っておりました。

ただ、昔、通っていた針灸院の人から聞いたことがあるのですが、医者からも打つ手なしと見放された末期がんの患者さんが、自分の好きな家庭菜園をやっているうちに、がんが消えて無くなってしまったことがあるそうです。ただ、その方は、その後、肺炎にかかり、亡くなったそうですが。

免疫療法の話も聞きましたが、完治した例はないと言われました。
ただ、入院したときは寝たきりだった患者さんが、退院した際は、歩いて帰って行ったという例もあるそうです。(但し、この方も、その後、亡くなられたそうです。)

健康食品や民間治療で、がんが完治する人がいるのかも知れません。いや、いると思います。しかし、それは、1000人に一人なのか、1万人に一人なのかは分かりません。

ある医者から言われたのは、身内のような末期がんの場合は、抗がん剤等の治療はせずに家族との時間を大切にしたらどうか、ということです。

何が正解かは一人、ひとりの考え方により変わってきます。

がん患者さんとその家族の方が納得できる方法を選択されるのが一番だと思います。


■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■


=============================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

広告を非表示にする