読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

直感を無視してはいけない。

先日、知り合いから、直感や第一印象を無視したばかりに酷い目に遭ったという話を聞きました。

ちなみに、その知り合いは、自分の会社でコンサルティングビジネスをやっています。

ある日、その知り合いのところに、ジョイントベンチャーしないかと日系アメリカ人から提案があったそうです。
第一印象、直感で本人を何だか怪しいと思ったそうですが、話を聞き、ビジネス上の合理的な判断で、商談を進めることにしたそうです。

ところが、、契約直前にその日系アメリカ人が詐欺師だったことが判明します。

被害は未然に防げたものの、あのときの直感を信じておけば良かったと後悔されていました。

実は、私にもあります。

契約社員の面接のときに、経歴は申し分なし、すぐにでも来てもらいたいと思う人に会ったのですが、何故か違和感があり、ずっと保留にしていました。

結局、その後、いい人が見つからなかったので、彼女を採用したのですが、彼女は境界性人格障害で、その後、問題を起こすことになります。

人事にメンタル問題の知識がある人間がいて、問題が大きくなる前に、契約更新をしなかったのですが、あのときの直感を信じておくべきだったと後悔しています。

なぜ、直感や第一印象って大事なのか考えてみました。

人間は、本人が意識している顕在意識と潜在意識があって、顕在意識はその意識全体の氷山の一角だそうです。

人間は、常に目や耳や鼻から、景色や音やニオイからさまざまな情報をキャッチしています。
人と会ったり、どこかへ出かけたとき、このさまざまな情報は意識へ蓄積されています。
で、なんか違和感がある、、というのはこの、入ってきている情報から判断されます。

ですので、直感や第一印象は、自分の潜在意識からの声なのではないかと思います。

仕事をしていると、ビジネス上の合理的判断で直感を無視することが往々にしてあります。
しかし、なぜそう感じたのか、原因はどこにあるのか、直感を検証することは必要ではないかと思います。

おそらく、何か引っかかる言葉であったり、態度があったはずです。

直感を侮ってはいけない、、改めて思うももいちです。



■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■
シックス・センス [DVD]

==================================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村