読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

一流の人と三流の人。

気がついたらもう8月です。
関東地方は、とろけそうに暑いです。

私と一緒にパッケージを貰った仲間たちは、次の仕事を見つけて、新たな道に進んで行きました。
サーフィン三昧だったA氏もいよいよ社会復帰です。新たな環境で、いい結果を出して貰いたいものです。

先日、昔の上司の話を聞きました。

現在、某外資でカントリーマネージャをしています。
彼がカントリーマネージャに就任したときは、日本オフィスの社員は僅か30名だったそうですが、今や100名を超える社員数だそうです。

外資では、HC(ヘッドカウント、人員)は売上に比例し、本社によって厳しく管理されています。3倍ものHCが取れるということは、それ相応の売上の達成があったのだと思います。

方や殿、、
日本市場も伸びると本社に思わせ、倍のHCを確保したところまでは良かったのですが、売上が伸びず、本人を筆頭に、HCも半分以下に削減されてしまいました。

結果を出せる人と、出せない人の違いは何か。

もちろん実力や必ず達成してやろうという思いは必要ですが、品質の差でしょうか。

来期の売上が、右肩上がりに上昇している、(ホッケースティック曲線というらしい)夢のようなプランを語っていた殿と、足に地をつけて、愚直にプランを実行、達成していった元上司とは、人としての品質が違います。

一流の人は、一流の仕事をする。

願わくば、自分も一流の仕事をし、一流の人と切磋琢磨したいものです。


■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

物事の本質を鋭く突いています。

低欲望社会  「大志なき時代」の新・国富論

=============================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村