読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

伝統的メディアの存続危機。

本当に早いもので、明日から9月です。
今朝は関東地方、秋のような涼しさです。

今年の酷暑シーズンは、働かずに過ごせたことは本当にラッキーでした。
たまにインタビューに出かけましたが、その時は、、本当に溶けるかと思いました(笑)

ところで、最近、メディアが恣意的に隠そうとしていることが、どんどん明るみになって来ています。
(そもそも伝統的メディアが報じないことがわかること自体、情報の民主化が進んでいることだと思います。)

昨日の国会前デモは言うに及ばず、長崎の原爆式典で、NHKが流さなかった各党代表の献花で、山本太郎氏に人一倍大きな拍手があったこと。

安倍政権に都合の悪い国会中継はしない、もしくは途中で打ち切ってしまうこと。

オリンピックのエンブレム作者の景品バッグの盗作問題。ネットがなければ、ここまで表面化しなかったかも知れません。

下記の、茂木健一郎さんのTweetを読んで、なるほどと思いました。

==引用開始==
国会前のデモ、伝統的メディア(新聞、テレビなど)が報じないと非難するつぶやきを見ます。確かに、報道しない・報道が遅いことは、問題だとは感じますが、逆に、これだけソーシャル・メディアで伝わっている以上、伝統的メディアは必要ない(意義が低下している)とも言えるのではないでしょうか。
==引用終わり==

確かに、インターネットで情報収集ができる以上、同じ情報レベルであれば、伝統的なメディアの存在意義がますます薄れて来ているのではと思います。

旧態然の世界に住んでいる方々は、伝統的メディアさえコントロールすればいいと考えているのかも知れませんが、全員が情報の発信者になれるいまの時代、もはや情報のコントロールは不可能に近いと思います。

いまはまだ、伝統的メディアしか見ない人が残っていて、メディアコントロールが効いていても、そのうち、インターネットから世界中の情報を得ている世代に置き換わるのは時間の問題です。

ただ、ネット上の情報には根拠の乏しいものもあります。
事実に基づいた内容かどうか、情報を受け取る側が判断してゆかなければなりません。
ここは個人のリテラシーが求められるところです。

先日の長崎の平和記念式典も昨日の安保法案反対デモもネットで見ました。

伝統的メディアの存続は、いかに良質の情報を、迅速に提供できるか。
取材力を活かし、良質の情報を提供して行けば、活路はあると思いますが、いまのままだと存続自体が危ういのではないかと思います。


■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

事実を知ること。オススメの1冊です。

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか



=============================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村