momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』

ケント・ギルバート氏の『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』を読了しました。

我々世代には、著者であるケント・ギルバート氏は、クイズ番組でおなじみの日本語の上手い外国人タレントのイメージでした。(すみません、、昭和の時代です。)
ですので、内容は正直、期待していませんでした。

それにも関わらず購入した理由は、レビューの評価が非常に高かったからです。

内容は、一次情報であるファクトに基づいており、客観的かつ非常にロジカルで説得力がありました。

戦後、占領軍であったGHQが、強すぎた日本軍を恐れる余り、日本人の「精神の奴隷化」を図るために実施した、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)
マインド・コントロールが、戦後70年経つ現在も解けてなく、それが、愛国心を失わせ、日本人としての自信や誇りを失なわせているというものです。

従軍慰安婦南京大虐殺が韓国とPRC(中華人民共和国、著者は中国と現在の中華人民共和国を厳密に分けています。)による悪質なプロパガンダであることをロジカルに説明し、靖国神社も海外では正しく理解されていないとあります。

日米開戦から、戦後70年の現在に渡るまで、日本と日本を取り巻く関係国(アメリカ、韓国、RPC)に関して、ファクトに基づいて書かれています。

GHQが去った後「精神の奴隷化」政策を継続したのは、日本の政治家と教育界、左傾化したマスコミとありますが、安倍政権がメディアコントロールをしてくれたお陰で、メディアの信用力が落ちてきていること、安保法案の強行採決で政治不信が若い世代にまで拡大していることは、怪我の功名かも知れません。

沖縄の米軍基地に関しては、私は異なった意見ですが、まずは、歴史の正しい知識を身に付け、ファクトに基づき、ロジカルに国際社会に対して意見を発信することが何より重要ではないかと思います。

是非とも、一読されることをお勧めします。

■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

日本人がいかにGHQによりマインドコントロールされて行ったのか。従軍慰安婦南京大虐殺の話が分かります。

まだGHQの洗脳に縛られている日本人



=============================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村