読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

仕事との出会いは一期一会の縁。

お彼岸も過ぎ、もう3月も最終週、これからは桜が楽しみな季節です。

とうとうフリーダム生活も1周年を迎えてしまいました。

職探しは、相変わらず細々と続けている私の元に、先日、とあるポジションの2次面談に進んでくださいと連絡がありました。

インタビューを受けたのは、かれこれ2ヶ月以上も前のことです。エージェントからも連絡がなく、業務内容もミスマッチ、hiring managerとの話も弾まず、もう駄目だろうとこちらも早々に諦めていたポジションでした。

先方の人事の方は、まだご興味を持っていらっしゃるのでしたら、、と非常に恐縮されているようでした。

しかし、、それから、2次面談に進むまで10日以上も待たされます。
こちらから候補日を挙げてから何のレスポンスもないのです。

ようやく2次面談としてUS本社を含む複数の方々とのインタビューの日程が設定され、最初のUSとの電話インタビューが終了したその日の夕方、エージェントから電話で話したいのだけどとメールが入ります。

通常、既にインタビュープロセスが設定された場合、その最中に先方からフィードバックが来ることはありません。インタビューが設定されているときは、すべてのインタビューが終了してから連絡が来るからです。

恐らく悪い知らせだろうと思い、エージェントと話したところ、残念ながら、あなたの受けたポジション、今日、他の候補者の方に決まったの。(超意訳)

繰り返します。

今日、他の候補者の方に決まったの。(超意訳)

思うに、1次面談の後、他の方が2次に進んでいたのだと思います。
2ヶ月以上も待たされていたところから考えると複数人候補者が次に進んでいたのかも知れません、
それらの方々がオファーレターにサインをしなかった為、リザーブの私のところにまで、話が来たのだと思います。

ところが急展開があり、その候補者の方が急にオファーを受けることになったのだと思います。

そう考えると2ヶ月以上の放置プレイに2次面の設定に10日以上、、すべてに合点が行きます。

人との出会いも、新たなポジションとの出会いも、出会いは一期一会の縁です。

恐らく縁がなかったのね、、そうため息をつくももいちです。




■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)



=============================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村