読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

英語コンプレックスだった話。

熊本・大分はまだまだ揺れているようです。1日も早い収束を願ってやみません。

ところで、、いまでこそ普通に英語で電話したり、メールをやり取りしていますが、初めての外資勤務のときは、英語コンプレックスで随分固まったものです。

最初の外資は、米国企業の日本での立ち上げで、社内では外国人が多く勤務していました。

転職初日、いきなり外国人社員から英語で挨拶され、流れてくるメールは英語ばかりで固まったのを覚えています。

日本人社員の留学経験率も高く、社内では普通に英語が聞こえる環境でした。

特に海外留学経験もない私にとっては、カルチャーショックの連続でした。

お客様は、日本企業の日本のお客様なので支障はなかったのですが、問題は、何かあるたびに米国本社とのやり取りが発生することでした。

本社の担当者に問い合わせをすると、すぐに彼らは、電話会議しようと提案してきました。

私のつたないメールのせいでもあったと思うのですが、本社担当者たちは、極東の日本で困っているなら、状況を確認して、何とか助けてやりたいと快く電話会議を提案してくれました。

しかし、、顔も見えない、音声だけで、日本の状況をロジカルに説明し、提案し、予算やサポートを引き出すことは、かなりハードルが高いものでした。

で、どうしたか。

その案件に関わる人で、英語が堪能かつロジカルな人間をその電話会議に必ず巻き込むようにしました。

ときには、あまり関係のない外国人社員を、ちょっとヘルプしてと巻き込んだこともありました。

背に腹は代えられません。

英語の堪能な人間を入れておくことで、大切なことを聞き逃すということだけは、回避できました。

本社に出すメールも、ネイティブの外国人社員から随分査読をして貰いました。

真っ赤になって戻されたものです、、(涙)

あと、この説明を英語でどう言えばいいのか、しつこく聞いて、事前に何度も練習したものです。

英語には、英語教材、英会話スクール、プライベートレッスン、NHKラジオ講座、、随分投資しました。

結論として、英語は、スピーキング、リーディング、リスニングの総合力で、ある日突然、マジックのようにできるようになるものではありません。

例えば、英語が聞き取れるようになるという教材で、本当に英語が聞き取れるようになったとしても、音として聞き取れた単語の意味や、文法が分かっていなければ本当の意味を理解することは出来ないからです。

英語に限らず、外国語の修得は、地道な努力ではないかと思います。

しかし、、いまでも、電話会議で何度も冷や汗をかいたことを思い出します、、



■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■


=============================
ランキング、参加しています。
↓ポチしていただければ、励みになります!


にほんブログ村

にほんブログ村