momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

カンマネ殿の物語。

昨日、一昨日の猛暑日とは打って変わり、今日は朝から涼しい一日です。

 

ところで、先日、昔の同僚から、彼の会社の今期の数字が達成できないので、カンマネ(カントリーマネージャ)氏の進退がそろそろ問われるのでは、、という話を聞きました。私は、そのカンマネさんとは少なからず面識がありましたので、数字が達成できないのであれば残念だけどやむを得ない、と思いました。

 

外資ではカンマネの評価は数字が達成できたかどうかです。

クォーター(四半期)毎にレビューが入るので、達成できないときは、リカバリープランなるものを作文して釈明します。

本社側は、そういう事情だったら仕方ない、次のクォーター(四半期)で頑張ってね、と最初は寛大な処置ですが、これが、数クォーター続き、年度の数字が明らかに達成できないと分かると、途端に分が悪くなります。

 

前職のカンマネであった殿は、QBR(クォータのレビューミーティング)でありえないリカバリープランを披露しました。今年、落ち続けている売り上げが、来期には、右上がりに上昇するのです。

これが、経営コンサルタント大前研一氏が言う、ホッケースティック曲線かと別の意味で感動したのを覚えています。それから間もなく、殿はいなくなりました。

 

そもそも、日本経済自体が停滞している中、成長させろという方が土台無理な話ではないかと思うのですが、恐らく今日も外資の会社のどこかで、ホッケースティック曲線が披露されているのではと思います。

 

 

■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

はじめての「自分で治す」こころの教科書―ひとりでできる、心のワークブック14日間

=============================

ランキング、参加しています。

↓ポチしていただければ、励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ

にほんブログ村