読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

人によって違う、忙しさのレベルと、テレカンの話。

今日は朝から、どんよりとした曇り空です。

秋雨が続き、これから過ごしやすいい季節になると思います。

 

ところで、先日、イギリス人女性と連絡を取ることがありました。

とある案件で、『協力するわ。』との言質を取り付けていたにも関わらず、その後、何度かメールをしましたがリプライがありません。

仕方なく紹介してくれた知り合いに何の連絡もないのだけど夏休みかしら?と連絡を入れたところ、いまとても忙しいらしいとの連絡を貰いました。

 

そう言えば、、この忙しいのレベルには、国によって随分、違いがあります。

日本人の言う忙しさと、外国人の言う忙しさのレベルは違います。

 

10年以上も前に、米国本社に駐在していた知り合いの話です。

どうしても聞かなければならないことがあり、開発担当のエンジニアのオフィスを直接、訪ねたそうです。

その時は、『いま、忙しいから。』と冷たく、断られたそうです。

 

いつなら大丈夫かと訪ねたところ、金曜日の午後なら大丈夫だと言われたそうです。

 

金曜の午後、15時過ぎにエンジニアのオフィスを訪ねたところ、そのエンジニアはすでに帰宅してしまった後だったそうです。

 

いまはどうか知りませんが、その当時、米国本社の同僚たちは、金曜は15時には、帰宅していました。平日でも18時には人っ子ひとりいなくなっていました。

 

彼らに取って忙しいというのは、毎日17時の定時までに仕事を終わらせられないことだったのだと思います。(金曜は15時ですが、、)

 

日本人の感覚だと、定時までに終わらない仕事は、残業して片付ければいいや、だと思いますが、彼らに取っては、定時にオフィスを出ることが何よりも重要だったのです。

 

時は流れ、モバイルデバイスが主流になると、世界中どこからでもメールを読むことができ、世界中どこからでもテレカンに参加できるようになりました。

 

忙しいからと逃げられないよう、空いた時間にテレカンを設定するようになりました。どこからでもミーティングに参加できる素晴らしいシステムです。

同じ日本でもオフィスが違うと、テレカンは移動時間の節約になります。

 

あるとき、海外のテレカンの相手から10分ほど遅れるとのメールがあったことがあります。

 

超意訳:John(仮名)でーす。いま、クルマの中だから、どこかで止めてテレカンに参加するので10分ほど遅れます。

 

クルマの中からテレカンです。

 

そう言えば、牧場を持っていたVPは、馬に乗りながら経営会議に電話で参加すると言っていました。

 

テレカンでは、玄関のベルが鳴ったり、電話が鳴ったり、飼い犬がワンワン吠えていることも珍しくありません。

 

どこまでも自由です。

 

件のイギリス人女性とも、テレカンを設定すれば良かったと思う、ももいちです。

 

■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

 

オススメです。

Fire TV Stick

=============================

ランキング、参加しています。

↓ポチしていただければ、励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ

にほんブログ村