読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

女性の輝く社会の危うさ。

どうでもいいこと。

街中に金木犀の香りが漂ういい季節になりましたが、今日は、暑い1日です。

 

ところで、、最近、女性が輝くとか、女性の活躍という言葉を目にします。

人口減少に転じた日本は、今後、労働人口の確保が企業にとっての大きな課題です。そのため、女性も貴重な労働力として活用しないと企業が立ち行かなくなるのが実のところです。

女性が輝くとか、女性の活躍というのは、”企業に取って”という形容詞が付くのです。

 

パート、アルバイトを含む非正規労働者の比率が約4割を占める現状で、女性が輝くという言葉を真に受け、正社員で管理職になれると勘違いする人も多いと思いますが、企業の本音は人手不足のパート、アルバイトの人材の確保であったりします。

 

正社員で管理職となるには、男性と同様に仕事で結果を出すことが求められるからです。

 

私が日本企業で働いたのは、もう大昔なのでいまは状況が変わっているのかもしれませんが、男性と比べて女性は、仕事面においても、また、仕事以外の、その社内だけで通用するようなしきたりや、根回し、社内政治のやり方といった社会の歩き方を身につける機会が少なかったように思います。

 

そんな中、女性が男性と同様に上を目指して行くということは、その女性自体が男性化することに他なりませんでした。

 

労働人口が少なくなるから、女性が輝くという甘い言葉で家庭にいる主婦を労働力として活用してやろうというのが企業の本音ではなかろうかと思います。

誰にでもできる仕事は、代替がすぐに見つかります。

 

その人にしかできない仕事やスキルを身につけ、それを社会で活かすことが、活躍できる社会になるのではと思います。

 

ただその前に、、企業で働く、起業する、社会貢献する、様々な選択の自由もあることを忘れてはなりません。

女性が輝く=働くだけではないからです。

 

耳障りのいい言葉で、女性がすべからく働かなければならないというマインドコントロールのような風潮に危うさを感じます。

 

■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

 

自分ブランドの教科書

=============================

ランキング、参加しています。

↓ポチしていただければ、励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ

にほんブログ村