読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

打てない杭になること。

どうでもいいこと。

先日、某外資系企業の役員まで勤め上げた方と食事をする機会がありました。現在は第一線から引退なさっており、いまは企業の監査役やら、いろいろな方の相談に乗っておられるようです。

 

業界のトップ企業の役員だっただけあり、深い洞察力と、的を得た指摘はさすがだと思いました。

 

共通の知り合いであるA女史の話になり、A女史はその会社で女性としての役員に昇進し、非常に努力をされたという話を伺いました。

 

いまはどこの会社も女性管理職を増やそうと躍起になっておりますが、制度だけが先歩きし、実態が伴っていないことが少なくありません。

ターゲットとなる女性の経験やスキルはもちろんのこと、周囲の男性の考え方を急には変えることは出来ません。

 

スキルや経験不足に関しては、会社側が女性に教育をしたり、経験を積ませることはもちろんのこと、最後は下駄を履かせて、上のポジションに引き上げることも多いそうです。

しかし、、経験やスキルが伴わないまま、昇進した女性を待ち受けるものは、周囲の男性からの嫉妬や嫌がらせ、足の引っ張り合いです。

 

同質社会の日本では、人と違うこと、異質なものは徹底的に排除されます。

男性社会という会社社会では、女性ということだけで異質なのだと思います。

 

もちろん、いまは女性活用や女性が輝く社会が流行りですので、面と向かっては排除はしませんが、あの手この手で潰しにかかってきます。

 

出る杭は打たれます。打たれない杭になるには、打たれない手の届かないところまで上がるか、地下に潜って叩かれないようにするかのどちらかです。

 

つまり、打てない杭になることです。

 

A女史は非常に努力をされ、打てない杭にまで到達されたそうです。

 

私は個人的には、社会全体が、異質なものを受け入れられるカルチャーになってもらいたいのですが、難しいのであれば自分が打たれない杭になることですかね、、

 

■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

出る杭を育てる時代

=============================

ランキング、参加しています。

↓ポチしていただければ、励みになります!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ

にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

にほんブログ村