momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

DeNAのWelqの炎上に思うこと。

DeNAが運営している医療情報のキュレーションサイトWelqが、炎上しています。

炎上の理由は、記事の内容が、医療従事者の監修を経ない不確かな医療情報であることと、明らかに他のサイトからのコピペを引用元を表示せずに、アップされていることで、東証一部上場企業が運営するメディアとしては、お粗末な状況になっています。

 

DeNAはこの騒動を受け、11月24日から専門家による記事内容の監修を開始したことを発表しています。

 

追記:11月29日21:00をもって、DeNAは、Welqを全非公開にしたとのことです。一部上場企業としては、対応は遅過ぎではないかと思います。

 

おそらく、SEO対策を重視するあまり、医療知識もないライターに質の低い記事を書かせ、監修も編集もない記事をどんどんアップした結果だと思います。検索エンジンで上位に表示されればされるだけ、広告収入もそれだけ期待できるわけです。

 

インターネット上に、誰でも情報を発信することができるようになり、自称ライターが増えましたが、ライターの方の実力もピンキリで、自分で取材をして記事にまとめるプロフェッショナルのライターの方から、クラウドソーシングで、一文字1円で記事をまとめる自称ライターまでいます。

 

おそらく、DeNAが使っているのは、Welqの記事を読む限り、後者の方だということは想像に難くありません。

 

記事を書く際の最低限のマナーである、引用元を表記しないことも、もしかしたら、日本には著作権法という法律があり、引用には許可が必要で、また引用の表記をしなければならないという知識がないだけなのかも知れません。

 

STAP細胞で一躍、時の人となった、小保方氏の論文が、他の論文の剽窃があったことは記憶に新しいところです。博士論文にも、剽窃があったというおまけつきです。

 

論文を引用する際には、引用元を明確にすることが必要です。そうしないと、他人の書いたものを盗用したことになります。

 

記事は著作権法で守られているので、原則、利用申請が必要です。

一部上場企業が黙って、自社の運営サイトに盗用するなどどいうことは、あってはならないことなのです。ライターが勝手に書いた記事だから、自分たちには責任はないという理屈は通用しません。

 

いずれにしろ、検索エンジンで上位に表示したいというニーズは今後もなくならないし、他人の書いた記事をコピペする不届き者もいなくならないと思います。

 

その対策として、検索エンジンには剽窃チェッカー機能を、是非とも追加してもらいたいものです。

 

その際には、剽窃度70%と数値で表示し、数値に応じ、検索結果には、表示しないようにしてもらいたいものです。

■□■ Amazonでお買い物:おススメ ■□■

実務者のための著作権ハンドブック(第九版)

=============================

ランキング、参加しています。

↓ポチしていただければ、励みになります!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 外資系サラリーマンへ

にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

にほんブログ村