読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

本を読むべき3つの理由。

どうでもいいこと。

早咲きの桜が満開になり暖かくなったと思うと、急に冬のような寒さになったり、この時期は、出掛ける前の天気予報のチェックが欠かせません。

ところで、私は知りたいことは、ネットの情報ではなく本を読むことにしています。定番となっている本は何か、オススメの本は何かという書評は、ネットから調べますが、その先は本から情報を得ます。

もちろん、本は電子書籍等の自費出版のものではなく、必ず専門家や編集者、出版社の第三者の校閲の入ったものです。

本を読んだ方がいいと思う理由は、以下の通りです。

1.専門家の知識がまとまっている。

その道のプロと言われる方が書いた本は、その知見が体系立って纏まっています。自分で全部調べようと思うと何年掛かるか分からないような情報を、僅か数時間で知ることが出来ます。あとは、誰が書いた本か明確だからです。

2.情報の裏付けがある。

よくネットの情報は、その信憑性が問題になりますが、おそらくそれは裏付けや根拠となるデータを示していないからだと思います。第三者の校閲を通した本であれば、必ず、どこから引用されたデータなのかの明記があります。その引用先に興味を持てば、そこからその論文や本を読んで、知識を広げることもできます。

3.論理的思考に役立つ。

あくまでも個人の見解ですが、ネットの短い文章ではなく、長い読み言葉を読むことで思考する言語が論理的になるように思えます。つまり、いつも今日は、xxxだ。今日は、xxxした。といったネットの短い文章しか読まないでいると、思考形態もこれは、xxxだ。と複雑な思考が出来なくなるようです。これを解消するには、論理的な書き言葉をとにかく読むに尽きると思います。

 本には、手元に置いて何度も読み返したくなる本と一度読んでしまえば充分である本があります。一度読んでしまえばいい本は、読んでしまったら古本屋に売却するのがいいかと思います。図書館の利用もいいのですが新刊本や人気の本は予約者が多く待たされます。

私は読み終わった本は、ブックオフの宅配で売却しています。Amazonに出品するのもいいのですが、配送の手間を考えたら一度に済ませた方が楽だからです。ブックオフなら自宅まで段ボール箱を届けてくれ、集配にも来て貰えるので楽チンです。

 ただいま、キャンペーン中のようです。↓ 

【ブックオフの宅配買取】書籍買取金額20%UPキャンペーン中!

 本日のオススメ。運動は脳に良い影響を与えるようです。これを読むと、絶対に運動したくなります。

 Amazon 

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

 

 楽天ブックス