読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

転職に年齢は関係ない、戦い方があるだけという話。

今日も朝から気持ちの良いお天気です。

ところで、先日、キャリアコンサルの方とお会いした際、40代や50代の方の転職支援で成功を収めている佐々木一美さんの話を伺いました。

本も出版されており、内容を確認したところ、まさに転職のツボを押さえてコンサルをされているようです。これなら、クライアントの方、転職が成功するのは当然だと思います。

佐々木さんのコンサルを受ける前に、本で学ぶのもいいかと思います。

 Amazon

成功する40代・50代の転職術 60日以内に採用が決まる実践プログラム

成功する40代・50代の転職術 60日以内に採用が決まる実践プログラム

 

 楽天ブックス

佐々木さんも書かれていますが転職成功の秘訣はとてもシンプルです。

己を知る。

自分の強みを分析。自分の売りは何か、他者との差別化は何か、その企業にとって自分を採用するメリットは何かをしっかり分析し、PR文を作成します。

敵を知る。

目指す企業がどのような人材を探しているのか求めている人材の分析、企業文化や採用担当マネージャの情報をできるだけ収集します。

戦い方を知る。

採用されるためには、まず、書類審査を突破せねばなりません。転職サイトへの応募は年齢や条件で機械的に足切りされる可能性があります。人事部への直接応募、社長宛への直接応募、足切りされない方法で書類を提出します。

履歴書は「己を知る。」のところで分析した自分の強みと、「敵を知る。」のところで分析した求めている人材像に沿って、作成します。

書類が通過したら、あとは面接です。

面接では、自分の強みを120%、130%、ポジティブにPRすることです。ここでは、第一印象が重要ですので、笑顔で爽やかに挨拶をするのがいいかと思います。

私も新卒、中途で何人もの方を面接して来ました。この人を是非採用したいと思える人物パターンというのがあって、それまでの経歴が仕事に合っていることと、人柄です。

以上を考えると、綿密に準備をすることで、年齢に関係なく、転職が成功するのではと思います。

自分は歳だからダメ、自分には市場価値がないという思い込みを捨てて、綿密に準備すれば必ず、道は開けると思います。