読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

人間の行動はいつまで経っても変わらないという話。

事件は会社で起きている。- 外資編 -

北朝鮮情勢が緊迫しているようです。シリアのように、米軍による武力行使に至らないことを祈るのみです。

ところで、先日、かつての同僚A氏と数年振りに会うことにしました。A氏は、某有名国立大学を卒業後、日本の大手企業に就職。何を思ったのか、将来を嘱望されたポジションを捨て外資に転職。その後、私のいた外資に転職してきました。

A氏は、仕事はできるし、英語も堪能。そして何より穏やかな性格から誰からも好かれていました。非の打ち所がありませんでした。

しかし、完璧な人間のように思われていたA氏には、一つだけ欠点がありました。それは仕事を優先する余り、プライベートな約束の時間を守れないのです。約束の時間に、ことごとく遅れてくるのです。その際の言い訳としては、客先のトラブルであったり、緊急の仕事が入った等、もっともな理由ばかりです。

これまで何度か会う約束をして、時間通りに現れたことがありません。しかも直前のドタキャンも数知れずで、こちらからお誘いすることも、すっかりなくなっていました。

そして先日。A氏の方から、仕事が一段落したので久しぶりに会いませんか、とお誘いがありました。仕事が一段落したというので、先日、数年ぶりに会う約束をしました。

そして約束の当日。

これまで様々な実績のあるA氏です。出掛ける直前までドタキャンのメールが入っていないかチェックをします。

大丈夫そうです。

そして、店に入る前にも、遅れますメールが来ていないか確認をします。

珍しくドタキャンメールも遅れますメールも入っていません。

今日は、時間通り到着するだろうと店に入って席で待っている時です。

A氏からメールが入ります。

今、客先でこれから、そちらに向かいます。30分ほど遅れます。

繰り返します。

今、客先でこれから、そちらに向かいます。30分ほど遅れます。

時間は、待ち合わせ時間の2分前です。

もう私は、店の席に案内されて、待っています。

嘘だろう、、メールを見て愕然としました。

思うに、A氏はとても真面目な性格で、そして仕事をこよなく愛しているのだと思います。彼にとっての優先順位1位が仕事なのだと思います。

しかし、、人を待たせるのは、時間泥棒以外の何物でもありませんし、できない約束は最初からすべきでは無いのです。

人間の行動はいつまで経っても変わらないものです。