読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momoichiの日々つれづれ、、

元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。

日系企業に就職した知り合いからの連絡。

外資を退職し起業したものの、ビジネスが軌道に乗らず、仕方なく日系企業に再就職した知り合いがいます。

先日、その知り合いから、日系企業が合わないので、外資の転職先を探すとの連絡がありました。

これまで、彼が身を置いていた外資企業から、対極の日系企業でしたので止むを得ないと思いました。

外資では、人を採用する際、どのようなポジションで(職位)、何をやるか(Job Description: 職務内容)をまず作成します。この二つで給与が決まりますので、この二つが明確でなければ人は採用できません。採用された人は、自分は何をすべきで入社したのかということは明らかなのです。

そして、職務内容からゴール設定がなされ、四半期毎にパフォーマンスレビューがあります。結果を出さなければ、いらない人になってしまうのです。

片や、彼が就職した日系企業。職務内容もざっくりしたものだったようです。

もしかしたら、彼のためにわざわざポジションを作ってくれたかも知れません。しかし、四半期毎のパフォーマンスレビューの緊張した環境に慣れていた彼には、とても物足りない環境だったのだと思います。

起業していましたが、やはり会社勤めがいいと会社勤めに戻った同僚が何人かいました。毎回、毎回の資金繰りに頭を悩ませるより、安定した給料が期待できるサラリーマンは本当にいいと話していました。

再チャレンジが可能な外資

今度こそ、自分が活躍できるポジションを見つけて欲しいとしみじみ思います。